社員紹介–開発

D. S.

D. S.
ソリューション事業部 
システムインテグレーション部
 サーバインテグレーション担当 主任
2011年入社 
理学部 物理学科

サーバに向き合い続ける経験を積んで
お客様から強い信頼を獲得し続けたい。

  • 会社説明会で感じた可能性

    自分に合った仕事が見つかり、はまる快感

    「幅広い職種があることが魅力。自分に合った仕事が見つかる可能性が高い」と会社説明会に参加した時に直感しました。NTTグループの中でも規模が大きい会社だったことも魅力でした。入社した年に、システムの検証環境構築の一環としてサーバ構築を経験し、次いで詳細設計のもとになる基本設計の一部を担当することになり、すっかり開発業務にのめり込んでしまいました。先輩社員や上司の指導を仰ぎながら取り組むのですが、自分の中に眠っていた「システム開発エンジニア志向」が目覚め、就職活動の時に直感した「自分に合った仕事が見つかる」という感覚が正しかったと気づきました。それ以来、ICTインフラ構築の中でもサーバ関連の業務に数多く触れて、経験を積んできました。

  • 要求水準の高い公共案件を担当

    独自仕様のサーバ構築とメンテナンスを真摯に取り組む

    ここ数年間は、全国に拠点を持つ公的機関のシステムを担当しています。自分はお客様の全国の拠点で稼動するサーバの構築・メンテナンスを担当しています。このシステムは、拠点ごとに約5年周期で継続的にサーバのリプレースを行います。毎年複数拠点ごとに行われるのですが受注業者は入札によって決定するため、提案段階から営業担当との連携が欠かせません。受注後も実際の作業では、まず全国にある当社の拠点から、カスタマエンジニアの社員がお客様の地方拠点を訪問し、作業のための事前準備をします。そして私たちがお客様のデータセンターに伺い、そこから全国のカスタマエンジニアと連携してサーバをリモートから構築していきます。構築の最終段階であるデータ移行は過去何十年分にもおよぶ膨大な量のファイルを、旧サーバから新サーバに漏れなく移行させる必要があり、お客様への影響も大きいことから最も緊張する瞬間です。

  • 顧客との強固な信頼関係を構築し

    いずれはIoTやクラウドを応用した提案を

    このお客様の担当になり3年程経った頃でしょうか。いつものようにデータセンターに赴き作業していたある日、お客様から「こんな新しい試みを、現在のサーバでできますか?」とご相談をいただきました。普段は日ごろからお客様を訪問している営業担当に打診があるのですが、その前にお客様から意見を聞かれたことになります。私個人がエンジニアとしてお客様に信頼され身近な相談相手になれたのだなと、とてもうれしかったのを覚えています。業務の特性上、物理サーバによるクローズドネットワークを選択されるお客様も担当していますが、そういったお客様も徐々にクラウドを選択されるようになってきているため、今後はIoTやクラウドを学び、その技術を身につけていくことで、今のお客様にもクラウドを使ったシステム提案ができるよう、これからも自分なりに知識を増やしていきたいと思っています。

One day Schedule

09:30
出社
09:45
担当案件の朝会
10:00
メール確認
10:15
設計書作成
11:00
担当案件設計書レビュー
12:00
お昼休み
13:00
担当案件担当者へ進捗確認
13:15
設計書作成
15:00
サーバ構築
17:50
担当案件担当者と夕会
18:00
退社

職種と専攻のマトリクス

当社では文系出身・理系出身にこだわらず、すべての職種が配属対象となり、本人の適性と志望を考慮して、職種に応じた人財育成を行なっています。