「RemoteOne(R)~節電・省エネサービス」を使い、エネルギーの'見える化'を実現

~IEEE1888による環境・防災分野の総務省実証実験を開始~

2013年1月31日

NTTデータカスタマサービス株式会社

 総務省が委託し、NTTデータが実施する「ベトナムにおけるセンサーネットワーク技術の導入に関する調査研究」は、ベトナムにおける環境問題の改善、防災・減災を目的に、日本での省エネ・ネットワーク技術を活用しながら、今後の都市基盤整備の基となる情報を収集するものです。

◆実証実験詳細:株式会社NTTデータ プレスリリース(外部サイトへ移動します)

 本研究では、NTTデータカスタマサービス株式会社(代表取締役社長:佐々木康志)が提供する「RemoteOne®~節電・省エネサービス~」を使い、ハノイ市内工業団地で利用する電力や温度・湿度をセンサーで計測し、IEEE1888プロトコルによってデータセンタへ情報を送信し、エネルギーの'見える化'を実現させます。 RemoteOne®~節電・省エネサービス~」は経済産業省における「BEMSアグリゲータ」にも採択されており、国内・国外問わず、お客様の省エネに貢献していきます。

凡例:NTTデータカスタマサービス株式会社提供

実証実験概要図
図.実証実験概要図

本件に関するお問合せ

営業統括本部 営業戦略部
電話番号:03-3534-6077
メールアドレス:mailmini.gif
受付時間: 9:00 ~ 17:00
(土・日・祝日及び当社休業日を除く)