NTT DATA 変える力を、ともに生み出す。

NTTデータ カスタマサービス株式会社

駐車場IoTソリューション
IoT技術を活用した駐車場における監視誘導ソリューション

「監視誘導システム」で駐車スペースへスムーズにご案内

「監視誘導システム」とは、センサーを活用した駐車場向けのIoTシステムです。
車室ごとに設置したセンサーで満空車判断を行い、入場した車両を円滑に空車場所まで案内します。
駐車場内の混雑緩和や安全性の向上、管理コストを軽減させることが可能です。

特徴

駐車場内のスムーズな誘導(利用者向け)

3つの要素で車室の状況をセンサリングしながら、
それぞれが連携することで駐車場内のスムーズな誘導を実現しています。

車室センサー
車室ごとに設置するセンサー。
超音波によって車両の在否を判断する。

招き灯
3車室に1台の割合で「緑色なら空車」「赤色なら満車」と、色によって空車の状況を案内する。
逆走方向は赤色をフラッシュ点灯させることで、逆走車に対する抑止力を高める。

ブロック満空灯
入庫してきたドライバーを、すみやかに空車位置まで導く。
『○/×』表示などのユニバーサルデザインを導入する。

管理業務のサポート機能(運用・管理者向け)

センサーにより車室をピンポイントで案内することが可能です。
さらに「迷子車検索」や「長期駐車対策」などの機能を導入し、管理コストの低減を実現しています。

※こちらは管理画面の一例です。

活用事例

駐車場内の混雑緩和

車室ごとに設置したセンサーで満空車判断を行い、招き灯の色によって
「緑色なら空車」「赤色なら満車」と、入場した車両を案内します。
サービスを開始して以降、SNSなどには駐車場の利用者による好意的な声が
数多く上がっており、お客さまのみならずユーザーからも高く評価されています。

繁忙期の誘導の効率化

旧システムでは約30台ごとにまとめたブロック単位での
空き状況しか把握できなかったため、ざっくりとした誘導しかできませんでした。
新システムでは車室単位での案内ができるようになったため、
例えば「2F・Aブロックの203車室が空いています」といった
ピンポイントでの誘導が可能となるなど、 駐車場内のスムーズな誘導に役立っています。

導入実績

これらの主要空港駐車場に監視誘導システムを導入し、
駐車場内の混雑緩和や管理コストを軽減に役立てられています。

  • 羽田空港
  • 関西国際空港
  • 伊丹空港

またそのシステムを応用展開し、NEXCO中日本様と共同特許を取得しました。
その技術を使って、高速道路のSA/PA(圏央道・厚木PA)に導入中です。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

関連商品

この商品をご覧の方はこちらの商品も見ています。