NTT DATA 変える力を、ともに生み出す。

NTTデータ カスタマサービス株式会社

労働安全衛生に関する取り組み

エヌ・ティ・ティ・データ・カスタマサービス株式会社(以下「当社」という)は、お客様のコンピューターシステムの工事・保守・運用を主たる業務として全国的に事業を展開する会社です。
当社は、社員の健康は会社および社会にとって財産である理念のもと、労働災害を発生させないよう労働安全衛生活動を展開し、社員一人一人の心身の健康保持・増進のための活動に取り組んでいます。

健康経営の取り組みにおいては、2019年2月21日に、社員の健康管理を経営的な視点で考え戦略的に取り組んでいる企業として「健康経営優良法人2019(ホワイト500)」として認定されました。今後も認定法人として、社員の健康増進を重要な課題と位置づけ、現在推進している働き方改革やCSInovation活動と連動させながら、社員が心身ともにさらに健康で活き活きと働けるよう、健康経営への積極的な取り組みを継続し発展させていきます。

労働安全衛生基本方針

  • 1. 当社で働く人々(以下「社員等」という)の安全と健康を経営の最重要課題の一つに位置づけ、労働安全衛生の目標を明確にし、活動の結果に対する評価を行い、継続的に改善します。
  • 2. 労働安全衛生に関わる法令、当社が定めた規程類および当社が同意するその他要求事項を遵守します。
  • 3. 「交通事故ゼロ」、「労働災害ゼロ」に向けて、社員等一人ひとりが「安全に対する意識と危険に対する感度」を高め、安心して活き活きと働ける安全な職場づくりを目指します。
  • 4. 心身の健康保持増進を図るため、法定健康診断の100%実施、過重労働者面談の100%実施及びメンタルヘルスケア等、健康な生活習慣に向けた指導・相談を行い、一人ひとりの健康づくりに取り組みます。
  • 5. 会社と社員等が一体となった活動を推進し、労働安全衛生管理水準を高めていきます。

2008年 7月 1日制定
2009年11月20日改定
2010年6月30日改定
エヌ・ティ・ティ・データ・カスタマサービス株式会社
代表取締役社長